寒風山回転展望台


HOME > 寒風山 ここが見どころ! > 名水・滝の頭

湧き水の響きが快い、水辺の隠れ里

滝の頭(たきのがしら)

滝の頭(たきのがしら)とは寒風山の北東部の麓にある涌水地帯の名前です。豊かな水量で男鹿市民の生活を支えています。男鹿の名水としても名高く、寒風山回転展望台もここの水を使っています。

滝の頭(たきのがしら)

 寒風山に降った雨は20年以上の歳月をかけて地下の岩層にろ過され、滝の頭から湧き出してきます。苔むした周囲の岩間から地下水が勢いよく湧き出しています。

湧き水
湧水量は季節によりますが1日当り25000~35000立方メートルといわれ、沼の底から湧き出た水がエメラルドグリーンに光り輝いています。深い底が見通せる透明さでも有名です。

今木神社

 湧き水の出ている辺りをさらに奥へ進むと小さな祠に行き当たります。滝の頭の鎮守様であるお不動様をお祭りしている「今木神社」です。

 男鹿市滝の頭水源浄水場の許可をいただいたら、平日でも休日でも無料で水源の見学ができます。地域内には遊歩道が整備され、神秘的な雰囲気の中散策が楽しめます。道路際には無料の水汲み場があり、遠くからもたくさんの人が訪れます。

写真提供:男鹿なび